顧問弁護士とは

顧問弁護士は一般の弁護士とは異なり問題が損害になる前に対応して処理してくれる存在です。一般的には顧問弁護士契約を締結する前は一般の弁護士にどのような質問をすればいいのかについてのイメージを持つことが出来なかったが、顧問弁護士契約を締結すると、気楽にイメージが湧き気楽に相談することが出来るようになってくることが多くなります。

不特定の弁護士ではなく、あらかじめ気心の知れた弁護士に案件の相談をできるということは多くのメリットを生むことになります。更には、問題が大きくなる前にそれを解決することも可能となりますので、損害に発展することもなくなります。顧問弁護士契約は料金が高いというイメージを持ってしまいますが、トータルで見ると多くのメリットがあると考えることが出来ます。顧問料の相場は月額3万円~10万円と考えておくと良いでしょう。

顧問弁護士の場合にはあらかじめ契約を結んでいるので、料金が発生する心配がありません。一般の弁護士の場合には弁護士事務所に相談事項を伝えて、アポインを取り、その後費用を確認してからの相談になるので、時間と手間がかかってしまいます。弁護士に相談するような場合には迅速な対応が求められることが多い状況であるので、問題が大きくなる前に法律的な対処を行うことが可能になるので、顧問弁護士の役割は大きなものになってきます。一般の弁護士に連絡をする前に、連絡すべきか迷うこともしばしばですが、顧問弁護士であれば迷うこともないので、小さな問題のうちに解決に導けるようになります。